Uber Eats、さいたま市でサービス開始! 大宮・浦和・中央区のグルメをお好きな場所までデリバリー

2018年9月20日 | Tokyo
シェア

Uber Eats(読み方:ウーバーイーツ)はこの度、2018 年 9 月 26 日(水)よりさいたま市でサービスを開始します。
日本で 7 番目のサービス提供都市となるさいたま市では、大宮区、浦和区及び中央区を含む一部地域にて、80 以上のレストランパートナーから出前の定番「ピザ」や「お寿司」はもちろん、地元で人気の「ラーメン」や「イタリアン」、マクドナルドの「ハンバーガー」など様々なジャンルの料理をご注文いただけるようになります。

今回、新たに Uber Eats のレストランパートナーとして加盟された、「武州うどんあかね」最速店長 祖父江氏および「GREAT ESCAPE」店主 今井氏は次のように述べています。

「武州うどんあかね」 最速店長 祖父江氏: 「以前から1日に数件ほど出前のリクエストがあったことからデリバリーの需要が見込めたので、Uber Eats に加盟することに決めました。

讃岐うどん屋として先代の父が始めたお店ですが、より若い年齢層のお客様にも食べてほしいという思いがあり、昔からの味を守りつつ、うどん屋から脱却したメニューの開発にも取り組みました。その結果、お店の看板メニューである「うどん屋さんのハンバーグ」が誕生しました。

当店のハンバーグは、肉感はそのままに、半分以上が玉ねぎ、生パン粉、絹ごし豆腐から作られているため、ヘルシーでふわふわな食感が特徴です。中でもおすすめのメニューは、テレビでも取り上げていただいたことのある「チーズハンバーグ」です。

多くのお客様に笑顔になっていただけるよう、食の安心・安全をモットーに、美味しい料理をお届けしたいと思っています。Uber Eats でのご注文とともに、ぜひ店舗へもお越しください。」

「GREAT ESCAPE」店主 今井氏: 「もっと幅広いお客様に当店を知っていただきたいという思いがあり、埼玉エリアで Uber Eats のサービスが開始することを心待ちにしていました。

開発を重ねてきた当店オリジナルのハンバーガーは、甘みのある特注バンズと牛肉100%の肉肉しい自家製パティの2つの組み合わせが生み出す、噛み応えと喉越しが自慢です。

おすすめは、チェダー、モントレージャック、モッツァレラの3種類のチーズから選べる「チーズバーガー」。ベーコンを挟んだ「ベーコンチーズバーガー」やチリビーンズを乗せた「チリチーズバーガー」もあります。

当店から配達パートナー、そしてお客様へ、ご注文からお届けまでの一体感のような繋がりを感じられるのが Uber Eats の特徴だと思っています。店舗で召し上がるのとはまた違った味わいをお楽しみください。」

尚、埼玉エリアでのサービス開始を記念して、2018年9月26日(水)から10月31日(水)までの期間限定で、配送手数料が何度でも無料になるキャンペーンを実施いたします。

帰宅が遅い時の夕食や週末のホームパーティーなど、Uber Eats を活用した新しい食スタイルをお楽しみください。

<Uber Eats 埼玉 サービス概要>
サービス開始日時:2018 年 9 月 26 日(水)
営業時間:午前 9:00 〜 深夜 0:00(店舗によって異なります)
サービスエリア:さいたま市内 3 区(大宮区、浦和区、中央区)を含む一部地域
配送手数料:一律 380 円(税込)
対象レストラン:下記対象エリアにある 約80店舗
サービスエリアマップ(2018 年 9 月時点):


■武州うどんあかねについて
創業 37 年、大宮駅西口にある老舗のうどん店。先代より受け継がれた歴史ある出汁と讃岐うどんはそのままに、新たにメニューに加えた「うどん屋さんのハンバーグ」は、現在ではお店の看板メニューに。フードアクションニッポンの推進パートナーとして地産地消を推進し、食の安心・安全にも力を入れている。お店こだわりのハンバーグは、埼玉県の優良ブランド品にも認定されている。

■GREAT ESCAPE について
老舗グルメバーガー店「FIRE HOUSE」で店長を務めた今井氏が、2014年にさいたま市大宮区にオープンした、大宮で人気のハンバーガー店。週替わりや月替わりのメニューとしてこれまで開発してきたオリジナルバーガーは 50 種類以上。 店主の趣味がサッカー観戦であることから、“スポーツ観戦ができるハンバーガー店”として、若年層のカップルやファミリーを中心に親しまれている。

投稿者 Tomo Adachi
カテゴリー: ニュース